いわゆる「韓流」の波には乗ってはいないものの、韓国では20年以上も活躍し続けている歌手、キムゴンモ。韓国の中では知らない人がいないほど有名です。音楽番組では必ず「国民歌手」として紹介されています。

キムゴンモ(김건모)とは

 4歳の時からピアノを習い始め、幼い頃から作曲・編曲にも興味を示し、中学3年の頃から流行音楽を聴くようになる。ソウル芸術専門大学国楽科に進学をしたときから音楽活動を本格的に開始。その後海軍の広報団に入隊し、軍隊でも音楽活動を続ける。除隊後、「平均律」というグループでヴォーカルと鍵盤楽器を担当した。在学中「芸音会」というユ・ヨンソク、パン・ミギョン、チョ・ガプキョンらも関わったグループでミュージカルの編曲など音楽活動をしていた。

 デビュー後は「アクトン(悪童)」「カムサン(黒い顔)」などの別名を持つという強い男のイメージと、「ケグジェンイー(ギャグ野郎)」というコミカルな男という両方のキャラクターでティーンズを魅了。勿論若い世代だけでなく老若男女幅広い支持を得ている。また、デビュー当初から障害者のためのコンサートを開くなどの活動も行う。

プロフィール

  • 生年月日:1968年1月13日
  • 身長:172cm
  • 体重:59kg
  • 血液型:O型
  • 宗教:キリスト教(基督教)
  • 学歴:ソウル芸術専門大学 国楽科卒
  • 軍歴:海軍広報団で軍服務
  • デビュー:1992年 잠못드는밤 비는내리고(眠れない夜 雨降って)
略歴
1992年3月 当時신승훈(シン・スンフン)のプロデューサーをしていた、김창환(キム・チャンファン N-Trainもプロデュースしています)に見いだされ、その後キム・チャンファンのライン企画に入る。
1992年9月 デビュー。ファーストアルバムからいきなり「잠못드는밤 비는내리고(眠れない夜 雨降って)」が大ヒット。
1992年 KBS歌謡TOP10でファーストアルバムからの後続曲「첫인상(第一印象)」がゴールデンカップを受賞。
1993年11月 セカンドアルバムを発表。年が明けて「핑계(言い訳)」「혼자만의 사랑(独りぼっちの愛)」「서랍속의 추억(引き出しの中の思い出)」「어떤 기다림(ある待ち時間)」「사랑이란(愛とは)」など次々にヒット。
1994年 全国13都市ライブツアーを実施(当時韓国では全国ツアーをする歌手は多くなかった)。年末に大ヒット曲「핑계(言い訳)」でKBS歌謡大賞を受賞。この時のライブからライブアルバム「In My Pops」を発表。香港でもこのアルバムを発売。
1995年1月 サードアルバムを発表。「잘못된만남(間違った出逢い)」「드라마(ドラマ)」「아름다운 이별(美しい別れ)」などがヒット。
1995年5月 アルバムの売り上げは280万枚を超え、アルバム売り上げ史上1位を獲得、韓国ギネス認定も受ける(海賊版を含むと500万枚を超えると言われる)。
1995年11月 大阪でASIAライブのゲスト出演とトークショーで来日。
1995年12月 東京のホテルでディナーショー形式の簡単なライブを行う。
1995年12月 「잘못된만남(間違った出逢い)」でKBS歌謡大賞を受賞。また、この年、パートナーであり音楽的育ての親でもあるキム・チャンファンから独立、所属していたライン企画から独立し、ソイン(瑞寅)企画を設立。
1996年5月 4thアルバム「exchange kg.m4」を発表。「스피드(スピード)」「악몽(悪夢)」「빨간우산(赤い傘)」などがヒット。
1996年6月 「스피드(スピード)」がKBS歌謡TOP10で2週連続1位。
1996年暮れ 「미련(未練)」がヒット。そしてまたも「스피드(スピード)」でKBS歌謡大賞を受賞(3年連続)。
1997年12月 1年半ぶりに5thアルバム「Myself」を発表。たちまち100万枚が売れる。ヒット曲は「사랑이 떠나가네(愛が遠ざかる)」「당신만이(あなただけが)」「뻐꾸기 둥지위로 날아간 새(カッコウの巣の上を飛んでいく鳥)」など。
1998年2月 ソイン企画から独立、弟のキム・ヒョンモとE-Yagiを設立。(当時社長は弟のキム・ヒョンモ)
1998年11月 韓国初(?)のアニメビデオつきCDシングル「자유에 관하여(自由について)」発売。5万枚限定。このシングルで韓国情報通信部主管の「コンテンツ大全」で情報通信部長官賞を受賞。
1998年暮れ 「サランイットナガネ(愛が遠ざかる)」でKBS歌謡大賞作曲賞受賞
1999年2月 E-Yagiから「健音(ゴヌム)企画」が独立。音楽関係の仕事はすべて健音企画のもとへ移行。社長はキム・ゴンモ自身。
1999年11月 ほぼ2年ぶりに6thアルバム「Growing」を発表。「부메랑(ブーメラン)」「꼭!(必ず!)」「버담소리(ボダムソリ)」などがヒットするが、全般の売り上げは今ひとつ。
2000年2月 「버담소리(ボダムソリ)」のミュージックビデオを北海道で撮影
2000年10月 待望の日本公演が札幌、東京、大阪の3都市で実施される。
2001年5月 1年半ぶりに7thアルバム「Another days...」を発表。タイトル曲は「미안해요(ごめんね)」。「짱가(チャンガ)」「Double」などもヒットする。売り上げが100万枚を突破する。
2001年 さらに、1集からの通算アルバムの売り上げが1000万枚を突破する。
2003年2月 8集「Hestory」を発表。売り上げは50万枚強だが、2003年の最多売上枚数を記録した。
2004年9月 9集「kimgunmo.9」を発表。「放送不出場宣言」をし、コンサートのみで勝負するとのこと。同時に全国ツアー「ライブリーグ」を開始。
2005年6月 10集「Be Like...」を発表。「放送不出場宣言」を取り消し、放送にも積極的に出た。Yahoo!Korea主催のチャリティーコンサートをアルバム発売日に開いた。
2005年ごろ このころから事務所が「健音企画」→「カットゥンセンガク(同じ考え)」に(名前と場所のみ)変更。パンミギョン、ブラウンアイズも所属…ここまでは社長歌手。
実はその後数年で事務所二転三転。11集のときは「Liveplus」12集・13集のときはキム・チャンファン率いる「MEDIA LINE」所属
2007年3月 11集「KimGunmoSTYLE ALBUM11」を発表。前回以上に放送にも積極的に出ている。6月には世宗文化会館にてコンサートを開く。
2008年8月 12集「Soul Groove KC Harmony vs Kim Gun Mo」を発表。1~3集のとき以来キム・チャンファンと手を組む。コンサートは翌年に行う。
2011年4月 MBCテレビ番組「나는가수다(私は歌手だ)」に出演し、最下位を取って以来、再び注目を浴びるようになる
2011年9月 13集「自叙伝」を発表。20周年記念アルバムとして限定3000枚の5枚組アルバムと一般盤3枚組アルバムとして発表。11月以降「20周年記念コンサート」を全国各地で開く
2015年ごろ 事務所移転。再び「健音企画」に。
2016年 SBS「ミウンウリセッキ(邦題アラフォー息子の成長日記)」が大ヒット。人気復活の鍵となる。また、SBS「ファンタスティックデュオ」で2週連続王座を守る。
2016年11月 ミニアルバム「50」を発表。新曲「全てあなたのおかげです」のほか、SBS「ファンタスティックデュオ」で歌ったデュエット中心のアルバム。その年末より「25周年記念コンサート」を開く

アルバム紹介

別リンクに飛びます

Kalcheについて

キムゴンモについて

リンク